受付時間

TEL

アクセス

テニス肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 雑巾を絞ったりペットボトルを開けられない
  • テニスでバックハンドで打つと痛い
  • 肘の外側が痛い
  • 物を持つ上げる動きで痛い

テニス肘とは?

テニス肘の正式名称は外側上顆炎といいます。

テニスをやっている人に多いことからテニス肘と呼ばれるようになりました。

 

多くの場合、テニスでのバックハンド、料理や掃除などの家事、タイピングをよくする方に発症します。

そのため、使い過ぎが原因とされています。

痛みを引き起こすのは手首を伸ばす筋肉(長・短橈側手根伸筋、総指伸筋)に多いとされています。

 

中年の場合には加齢による変性も原因の一つと言われています。

症状

筋肉の走行から基本的には腕や手首をねじる動きで痛みが出やすいです。

そのため、ぞうきんを絞ったりペットボトルの蓋を開ける動きで痛みが出やすいです。

また、指の曲げ伸ばしを激しく行うタイピングを行う方は痛みが強くなりやすいです。

さらに、炎症が起きているので痛みの場所を押すと痛みが出ます。

 

ひどい方だと、物を握る動作でも痛みが出てしまい、家事にも障害が出てしまう場合もあります。

どうやって改善するの?

まずは炎症を抑えるために鍼や超音波を行います。

日常生活で負担がかかってしまう方にはテーピングにより負担の軽減も行えます。

 

痛みが少なくなったら肩甲骨や背骨の矯正を行い負担がかかりにくくしていくことで再発を予防していきます。

 

当院では問診と検査を行ってから一人一人の症状・状態に合わせ適切な施術の提案と説明をいたしますので

まず一度ご相談ください

お問い合わせ

葛西駅前あさひろ鍼灸整骨院へのお問い合わせ

TEL

住所
〒134-0083
東京都江戸川区中葛西5-19-17 メトロセンター葛西第1 ツ号
アクセス
葛西駅から徒歩1分

受付時間